AFTER CARE

アフターケアのご紹介

この度は、SARA SALAへのご来店ありがとうございました。
施術にはご満足いただけましたでしょうか?

こちらのページではSARA SALAでの施術効果をより継続させていくためのセルフケアのアドバイスをさせていただきます。
なお、LINEから個別にアドバイスをさせていただくことも可能ですので、もし髪のお悩みがあれば個別にお店のLINEへご連絡ください。

施術メニュー別の注意点

以下では、施術されたメニュー別の注意点をご紹介しています。ぜひ、ご一読ください。

髪質改善トリートメントを施術された方

トリートメント施術後24時間は、シャンプーをしないでください。
施術後の髪は、内部が安定しきっていないため、シャンプーをするとトリートメントの持続が悪化する場合がございます。

洗浄力の弱いシャンプーを使用する

ご自宅では、なるべく洗浄力の弱いシャンプーを使用していただくと効果的です。
できればアミノ酸系シャンプーをおすすめしております。

ヘアアイロンの仕様は控えめに

ヘアアイロンは髪の内部からダメージが進行してしまうため、内部アプローチ型の髪質改善トリートメントの効果を落としてしまいます。できれば週に1〜2度程度の使用頻度にしてください。

もしそれ以上にヘアアイロンを利用する必要がある場合は、デザイントリートメント施術でアイロンが必要ない髪質にすることが可能です。お気軽にご相談くださいませ。

メンテナンスについて

髪質改善トリートメントは1.5ヶ月〜2ヶ月程度で繰り返すことで、髪の収まりと艶をより持続させます。
あまりに間隔が空いてしまうと、せっかくの効果が薄れてしまいますので、定期的なメンテナンスをするようにお願いしております。

髪質改善カラーを施術された方

施術後24時間はシャンプーは控える

髪質改善カラー施術後24時間は、トリートメントの定着を良くするために必要な時間です。
同時にカラーの定着にも影響してくるため、必ずシャンプーはお控えください。

施術後2週間はカラーケアの基本

ヘアカラー全般に言えることですが、施術後2週間は髪にとって非常に重要です。カラー後は、水道水とカラー色素が化学反応を起こして、ダメージを進行させます。

この反応を防ぐために、施術後2週間はカラーケア用のシャンプー・トリートメントを使うのが効果的です。

また、当ブランドで販売しているSARA SALAシャンプー・トリートメントは、髪質改善効果の他、この化学反応を100%カットしますので、何を使っていいかわからなければご相談ください。

ヘアアイロンのご使用について

髪質改善カラーの施術後は、髪がアイロンの熱に反応して、より艶を出すことができます。ですが、ダメージに繋がることも事実です。

なるべく毛束は少なめにして、ゆっくりと丁寧にアイロンを髪に当てていきます。できれば一度のアイロンスルーで終わりにするのが効果的です。もし、一度で満足な仕上がりでなければアイロンの温度を少し上げる、もしくは毛束をさらに少なくするなどして対処してください。
ですが、基本的にはヘアアイロンはダメージが大きいため、できるだけ使用頻度を減らすことが大切であることは忘れないでください。

メンテナンスについて

髪質改善カラーは、繰り返すことで持続性や髪質改善効果をより加速させます。
その特性上、基本的には全体染めをしていきますが、毛先のカラーを変えたくない、もしくは気にならない場合は色を変えずに施術させていただきますので、ご相談ください。

デザイントリートメントを施術された方

施術後24時間はシャンプーは控える

デザイントリートメントは、施術後24時間は髪の内部が不安定です。空気中の酸素に触れることで徐々に安定してきます。トリートメントの持続性をアップさせるためには、この24時間がとても重要です。

また、髪の内部に反応しているため、24時間以内にヘアゴムで髪に癖をつけたりすると変なうねりが出来ることがあります。
施術後の24時間は出来るだけ自然におろしておいてください。

洗浄力のマイルドなシャンプーを使う

デザイントリートメントは化学反応を利用して、髪質を改善しております。主にケラチンの結合を作っているので、洗浄力の強いシャンプーを使うとケラチン同士の結合が弱まり、結果としてトリートメント持続力が弱まります。

ですので、洗浄力のマイルドなアミノ酸系シャンプーをお勧めしております。もし、何を使っていいかわからなければ、当ブランドで販売しているSARA SALAシャンプー・トリートメントがオススメです。

メンテナンスについて

デザイントリートメントは1度で実感できるレベルまで髪質を改善していくことが可能ですが、定期的なメンテナンスをすることで、綺麗な髪を持続していくことが可能です。

メンテナンスには、髪質改善トリートメントを行います。
デザイントリートメント施術後、時間が経って髪の広がりや手触りの劣化を感じ始めたらメンテナンスの合図です。お気軽にご相談ください。髪質改善カラーも効果的です。

基本的なヘアケアのアドバイス

【髪を傷めないシャンプーの方法】

シャンプー剤をつける前にしっかりとシャワーで2~3分程度すすぎます。実はこれだけで髪の汚れの7割程度は落とすことが出来 ます。

シャンプー剤を適量手に取り、髪になじませながら手のひらを使ってじっくりと空気を入れるように泡立てます。目安として、泡をつまむと立つくらいが良いです。
実は泡はとても重要で、きめ細かい泡で洗うことで髪同士の摩擦を減らし、結果ダメージを最少にすることが出来ます。泡立ちが悪い場合は、 軽くシャワーで流してから再度泡立てると良いです。

理想の泡が立ったら、襟足から洗っていくのがポイントです。襟足は毛が密集して汚れが溜まりやすいからです。全体的に指の腹で頭皮をマッサージするように洗うことが大切です。
最後にシャンプーを流します。ここでも、シャンプーする時間よりも多めに時間を使い、しっかりと流します。すすぎ残しがあるとフケ・かゆみの原因となります。

【コンディショナー・トリートメントの方法】

シャンプー後に、コンディショナー・トリートメントを手に取り、毛先 から中間部分までに付けます。この時、絶対に根元もしくは頭皮に付けてはいけません。毛穴を詰めてしまう可能性があるからです。
あとは、目の荒いコームなどあればそれを使ってコーミングすると効果的です。コームがなければ、毛先を中心に塗布した後に手にお湯をすくって髪にかけて全体に馴染ませる方法もあります。

【ドライ前にすると良いこと】

しっかりと水分をとった後は、アウトバストリートメント(流さないト リートメント)を毛先中心に付けます。

髪が濡れた状態でつけることで、髪への浸透が良くなりますし、ドライヤーの熱から髪を守ってくれます。ですので、必ずドライ前に付けましょう。 そして、一回ブラッシングをして髪表面のキューティクルを整えてあげると、髪にも良いですし仕上がりもキレイになります。

【シャンプー後はなるべく早めにドライヤーを使って髪を乾かしましょう】

濡れている髪はキューティクルが開いて、刺激や摩擦に対してとても敏感な状態です。自然乾燥の方がドライヤーの熱を当てないからダメージしなそうと思っている方もいらしゃいますが、そんなことはありません。

髪が傷みやすい状態で長く放置するのと、少しの熱と風を使って早く傷みにくい状態にしてあげるのでは、長い目で見れば後者のほうが圧倒的に美髪を保つことができます!!

お読みいただきありがとうございます。

髪質改善トリートメント施術後のアフターケアは、トリートメントの効果を持続させる・髪質改善を早く完成させるためにも大切になります。特に24時間以内は髪に刺激を与えない事と、2ヶ月に1度のメンテナンスは大切です。
そして何より長期的に綺麗な髪質を保っていこうと考えた時、正しいアフターケアやホームケアの知識はやはり必要不可欠になって来ます。

間違ったケアを繰り返してしまうとダメージの原因にもなりかねませんので、髪質を綺麗に改善していくために正しく理解し実践しましょう。

また、今回の記事内容は当ブランドのお客様に向けた内容になっております。
当ブランドをご愛顧していただいているお客様はそのまま実践していただけましたら、必ず綺麗な髪質になります。

アフターケアやホームケアに関しましてはサロン様によってもご提案が異なりますので、当店をご利用していないお客様に関しましては、担当の美容師さんの意見を優先していただき、こちらの記事は参考程度にしていただけましたら幸いです。

そのほか、疑問やご質問などございましたらLINEからお気軽にお問い合わせ下さい。